CB_FORCE

CB_FORCE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CBX カーボンサイドカバー

x1sidecs.jpg

これはサンプルとして出来た物で、製品はちゃんとスリット加工もしています。

出来上がって来ました。

カーボンサイドカバーとリアフェンダーです。CBXオーナーよりご要望の新しいパーツです。

販売予定です。

x1rfs.jpg


カーボン製品は、バイクや車のドレスアップパーツとしてちゃんと認識を得ていると思います。

必用だと思うのは、純正が現在入手出来ないし、気にしていたら満足に走れないのも確か。

リアフェンダーに、ツーリングのネットのフックが当たるのを気にして、最高に緊張しながらフック掛けるのは

楽しいツーリングじゃないと思う。

もし、壊れても手に入れる事が出来ると言うのは魅力。


ここで提案。服装に例えて

◆貴重な純正外装は、いざという時に使う(いざってどんな時?)フォーマル

  

◆カーボンパーツは 普段使う カジュアル 破れても良いジーンズ(でもカッコ良いぞ)の感じ

というのはどうですか?!



純正の樹脂パーツは、時間が経って、白く変色したり、ヒビ割れたり、傷入ったりして
換えたいけど入手出来ないので、代わりに使うのに良い材質と思います。


純正と同じABS樹脂の復刻を私も夢見ています。

出来ると製品価格も安くなるし、一般の塗料との相性もばっちり!

古いバイクの外装は、樹脂 ⇒ 表面処理 ⇒ 塗装 している外装がほとんどなので、塗料との相性は重要。

など、魅力はいっぱいの純正ABS製外装類だけど、ちなみにCB-Fのサイドカバーを

金型から見積もったら 1050万円なりー。聞いた時、失禁しそうだった。

他にも、真空製法という、簡易的な樹脂の成型法も有るけど、この製法にABS樹脂は使えない。
金型を使った樹脂成型より、商品の価格は高いし(2倍以上) 

値段が高い割に、硬化が速いので、耐久性に難あり、気温の変化に弱いので、塗装にヒビが入り易いなど、弱点も多いので

今は販売に適さないと思う。


FRPも有るけど、カーボンと同じく、塗装には適さない。

これも、材質の硬さと、温度による膨張が、塗装と違うので、暑い時、寒い時、、曲げが生じたときヒビが入り易い欠点有り。

塗装に向いてないから、繊維そのものに存在感のあるカーボンに行きつくと思うのです。





スポンサーサイト
  1. 2011/04/23(土) 10:27:24|
  2. 新製品
次のページ

プロフィール

CB_FORCE

Author:CB_FORCE
広島県:ジェイズ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (69)
新製品 (18)
お知らせ (62)
質問事項 (1)
メッセージ (11)
試作品 (4)
何でもない (5)
ショップさん (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。