FC2ブログ

CB_FORCE

CB_FORCE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1月にいただいた仕事です。第二段

 CBX1000の車体周りの変更です。

DSC_1490s.jpg

ほとんど基本フォルムを保った車体です。マフラー変更とリアサスの交換。

エンジンはメーカーマニュアルに沿ってオーバーホールされてて、外観、作動も調子いいです。

磨きも入念で非常に綺麗。

がやはり、直線のふわふわ感、コーナリングの接地感の無さを感じていて

解決する為に持ち込んでいただきました。

改善内容は、タイヤの選択肢を増やす為にホイールの交換を行います、18インチです。

それに伴いご存知適正なステムに交換します。これが直線とコーナー性能両方を引き出す

重要アイテムです。

注意いただきたいのですが、サイドスタンドを立ててみると結構傾きます。

これはショック長、またはショックが固い為サスが沈まず傾きが大きいのです。

DSC_1496s.jpg


このころに作られたバイクは良くバランスという言葉が使われるのも、設定がぎりぎりなのです。

わずかに寸法が変わると許容範囲を超えることも多く、仮にタイヤ外径が少し変わるだけでも

ハンドルの振れが出たり、このようなリア上がりが直線の不安定さを招く事もあるのです。

高速で安定するバイクは、一本橋でも安定するという原理は変わりません。

DSC_1492s.jpg

次にやはり、重量車ですので、ブレーキをもっと扱いやすくしたいのは乗れば感じます。

かといって大径ディスクで「いかにもやりました」というのでなく、さりげなく

改造します。ラジアルマスターは中年クラスライダーにもお勧めアイテムです。

純正ディスクは750Fでも書きましたが、ステンレスですが錆対策に重きを置いた材質で

仮に熱が加わりすぎると表面が硬化して効きにくくなるので、更にレバーに力が入り熱を持つ

という繰り返しです。当時の交通事情はゆったりとしていたと思いますが、

今の交通事情では不意のブレーキで、止まらない!とひやっとしたことあるはずです。


など、決してパワーを出すという改造では無く、快適に安全に走る事をメインに

旧車スタイルを保った足回り中心の改造です。

オーナーさんからは、メーターもついでに換えようとか

このデザインが良いとか、メールや電話の対応で、まるで原チャの頃の少年みたいな

感じで話をしてます。

出来上がるまでの過程も一つの楽しみなんですね。聞いてる方も何かワクワクします。

DSC_1499s.jpg


メーター周りもしっかり綺麗に仕上がっています。メーターは確実にOH済みでした。

DSC_1493s.jpg


何回見ても迫力のエンジン幅です。圧巻です。走りもクールでないとね。

DSC_1502s.jpg


細部まですごく綺麗です。

いきなり出来上がった時のレポートになるかも知れませんが

CBXのカスタムの1例として参考にしてください。


次は


DSC_1472s.jpg

900Fの委託販売入りました。

オーナーの情熱に負けました。手放すのは誰でも理由があるけれど、次も必ずCBに乗って欲しい!

本人にはその気です。

販売に関する詳細をお知らせします。



スポンサーサイト
  1. 2013/02/04(月) 21:06:00|
  2. 未分類

プロフィール

CB_FORCE

Author:CB_FORCE
広島県:ジェイズ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (69)
新製品 (18)
お知らせ (62)
質問事項 (1)
メッセージ (11)
試作品 (4)
何でもない (5)
ショップさん (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。