CB_FORCE

CB_FORCE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ライディングの解説が間違っている

 今、バイクシーズン幕開けと言える時期で、なにせ作業が混雑して如何しよう無い毎日だけど
昨今確立されているライディングハウツーが気になって仕方ない。

もしこれがウィルスなどの感染症であるとすると、かなりの多くのライダーが侵されている

しかも中核まで進行している。ライディングにも多くのジャンルがあるしスピードレンジもあるので
その言われていることが該当する場面もあるので、細かく説明して行くとややこしいので
サーキット等のスポーツ走行に絞ってお話することとする。

結論から言って、バイクの乗り方=正しい操作方法はそれぞれのライダーの体格等で事なる程度で
基本は一つと言える。

バイクを曲げる要因は数種類あるが、正しい曲げ方は記憶の限り注目される事は無かったと思う。
それどころか悪い操作方法=悪 とさえ今では言われている。

ちゃんとその正しい操作方法を行っているライダーはいるし、正しいから
良い成績やタイムを出している。

理論では無く、行動で実践している。そのライダー達は間違いであることを知ってても

間違いを正す事が仕事で無いし、表現するのも仕事でないのでやらないだけである。

走りは優れているが、文章表現は得意で無い。

では何が間違っているかというと

国内で解説されているバイクの乗り方が間違っている。文章はじめメディアが間違いの中枢なのだ。

走りは得意で無いが、文章表現が得意で大衆心理をつかむ事が出来るメディアを自由にこなせる

能力を持っているから出来たことなのだ。

例え全日本ロードレースチャンピオンであれ、毎年本を出していないでしょ。

日本だけでなく、世界的にも同じ。



今日のバイクの乗り方が出来上がるまでに長い年月がかかっているし、ありとあらゆるメディアが
同じ事を言っていると、疑う余地も無いとさえ思う。

けど、間違いだ。早くたださないと日本のモーターサイクルスポーツの限界を低くしている。

だから改革しないといけない。


では次のライディングに関する事をやっているかどうかライダーとして
もう一度見つめ直してほしい。

●背中が猫背で乗る事、ピーンと真っすぐはいけない

●両腕はリラックスしてハンドルに力が入って無いか、ハンドルの動きを妨げてはいけない
 腕を伸ばしていてはいけない

●バイクのコントロールの中心はリアである、フロントに頼るのは行けない

●バイクの旋回の要因はセルフステアである

●ハンドル操作をしなくても、バイクをバンクさせると自動的にフロントが切れ込む
 それを妨げていけない

●ブレーキは直線で終わらせるべきであり、クリッピング付近まで引きずるのは危険だ

どうだろうか、代表的な項目だが皆さんこの事を励行しているだろうか?!

今一度見直して欲しい。

しかし上記は全て間違いだ。

今日まで作りあげらて来た論法は間違いなのだ。

この間違った考え(考えは頭の中でライダーの行動を制御してしまう。だからバイクが曲がろうとする
のをその考えが制御している)がある為に

何も問題無くコーナーを曲がれたのに多くの間違ったXXしてはいけないという

頭に巣くった考えがあるために、曲がりきれずにコースアウトするか、曲がれないから
極端に低い速度で走る事になる。

公道だとスリップダウンではない限り、曲がり切れずに

ガードレールや壁に突っ込んでしまう原因と断言出来る。


その要因を取り除かないといけない。


そこには大きな障害がある、それはメディアだ。

なぜなら正しい事を伝えるにもメディアが無いと伝わらない。そのメディアが協力的でなければ

十分に伝わらないからだ。

今まで自分たちが堂々と伝えて来た乗り方を、否定されたらどうする?

しかも誌の看板のごとく大きく表現していることだったら、簡単に変更出来ない場合が多い。

それが集客の広告塔の様なものだし、ライディングレッスンも行っている。

誌面に「皆さん今までの事は全て間違いでしたので来月号から改定します。」

と載せるだろうか?

そうしてほしいが、いわゆるプライドや対面が絶対邪魔する。


医学の話がある 19世紀後半にアメリカの外科医 マーフィーである。

それまでは、虫垂炎(盲腸)は不治の病気で、発症したら死を待つしかなかった。
唯一の治療方法は、下剤を飲ませてアヘンで傷みを取り除き
そして死を待つのみだった。
しかし
虫垂炎の原因が明らかにされてきて、虫垂を切除すると命が助けられる事が解って来た。
若手の外科医がいろいろな手術方法を提唱してその先頭のたったのがマーフィーである。

初期の虫垂炎の発見と安全な手術方法で多くの命が救われて、今や完全な常識となっている
宇宙飛行士や登山家等は発症の前に切除する事さえ常識化している。

しかし当時は、内科医が中心で彼らの治療は無視されて依然と下剤、アヘンの治療を続けた。

10年戦争と言われる、外科医(手術)と内科医(下剤、アヘン)は収集が付くには時間がかかった。

ここではメディアが役立ち、新聞を中心に虫垂炎は早期手術で助かる事が認知されて終息を

迎えたに見えたがそれでも内科医たちは下剤とアヘンに固執し続けた。

まさに「治療法を守って患者を守らず」の典型であったと思う。

内科医にとっては下剤とアヘンが収入の中心であったら、生活さえ危うくなるのだから
仕方がない。

しかし患者は救わなくていいのか。


私がその外科医として新しい治療法を提言したとして、果たして内科医は新たな治療法を
受け入れるのか?
それとも下剤とアヘンのまま治療を続けるのか?

それは事を起こしてみないとまだわからない。やはり挑戦となるだろう。

こういった争いは文化を持った人類史で古くからおこなわれている。

天動説を否定し、地動説を唱えたガリレオの時代から、男尊女卑が否定されるまで、
またリンカーンも常識を覆すのに多くの時間と犠牲を払っている。

振り返ると中心には必ず、少数の人間の利益が関わっている。

政治と癒着し、その利益が奪われるのをおそれ改革を阻もうとするのもまた歴史に残された
事実。正しい意見と意思を持った者たちが苦しめられてきた。

しかしガリレオが地動説を唱えてなければ今でも太陽は地球の周りをまわっていたかも知れない。

間違っているとわかれば認めれば良い。

これは戦争ではないし、今のメディアの中心人物は金銭欲が異常に強く、また自身の個人的欲望だけで
生きている悪質な人間だとは夢にも思えない。
日本のライディングの為に、ライダーの為に心から発展を願う気持をお持ちなら
いつでもすべてをリセット出来る柔軟性をお持ちである事を強く願う。

私は1日も早くこの事をアピールして行きたい。
今はまだ仕事に追われる毎日で着手する事はままならないが
その日を目指して毎日の仕事をこなしている。

考えをアピールするにはいろいろな技術と能力が要求されるので
身につけないといけない事も多数あるし、味方になっていただく必要もある。

「挑戦」というしか今は言葉が見つからないが、改革出来ないならその時は私は負ける。
ただ負けると、そこでモーターサイクルスポーツは止まってしまうだろう。

今まで言われているハウツーライディングに疑問を抱く気持があれば
是非協力いただきたい。頭の中をそのまま見ていただくことは出来ないのだから
物理的な証明も必要だし、人に伝えるには文章による表現と
CGによる図解も欠かせない今日この頃なので、その改革に興味をお持ちであれば
是非ともご協力お願いします。

とにかくその日に向けて
まずは今預かっている仕事を大切にこなして行きます。















スポンサーサイト
  1. 2014/03/21(金) 01:08:31|
  2. メッセージ

プロフィール

CB_FORCE

Author:CB_FORCE
広島県:ジェイズ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (69)
新製品 (18)
お知らせ (62)
質問事項 (1)
メッセージ (11)
試作品 (4)
何でもない (5)
ショップさん (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。