CB_FORCE

CB_FORCE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

親しみやすく、話しやすい、打ち解けやすいバイク屋である必要は無い事に気が付いた

タイトルをどのように受け取るかは皆さん次第です。読んでみてください。

それに気が付いた理由として、ジェイズは敷居が高いと言われます。
敷居とは世間で言う、店に入りにくを表現したもので電話もかけにくいし、専門的な事言われそうで分からないから
話かけ難いなどの事です。

悩みました。いわゆるお客さんがそばに来ないと商売にもならないから困る。なら
その敷居を低くしようと考えたこともあったんですが
考えに考えた末、それを変える事はいけないと気が付いたのです。
敷居は高いと思われればそれでいい、親しみやすいと思われる必要は無いと確信をもちました。

理由は逆に 親しみやすいとか話をしやすいショップであれば、来店したり、相談するお客側にとっては
嬉しいでしょう。
しかしここで一歩間違えると大いなる弱点があるのです。
それは楽しい話以外出来ない場合が多い。
例えば、お客さんの注文や希望を 「それはダメです」とかいきなり言われると気持のいいもんじゃないのが普通。

良くあるパターンに 「僕は貧乏なのでその部品は買えない。」時と場合によりますがそれに同調して
「そうそう、高いのはバイク屋の僕らでさえ手が出ないよねハハハハハハハッツ!!」と言うと
お客さんの同じ目線で接するバイク屋として親しみやすく感じるのかもしれません。

ではジェイズはなんでもかんでも高価な部品をかわそうとしてますか?もちろんお客さんの希望によりますが
キャブが壊れたらFCRかTMR
フォークやサスはオーリンズ、ブレンボ、だなんだ値の張る物を売ってる訳ではなく
必要なものを優先的に進めています。

けど、それが安全に関わることだったらどうします?
その場合は、「乗り続けるなら無理してでも資金を用意してください。でないと危険です!」
こういうべきです。
そのおかげで、その場から笑いが消えてもです。

理由は様々ですが、お客さんの立場なら自分もその様な時は有りますが
出来るだけ安価に、手間もかからない、考えなくても良い、全体的に楽な方向を望んでいます。
そんな、ダメだとか注意は受けない方が良いと思いがち。

仲間同士だと、誰が聞いても危険な事で無い限り注意はあまりしないと思います。
楽しむ為に集まってる場合がほどんとです。
仮に間違った事を言っててもよほどの事出ないと「〇〇さんそれは違います。」と言うと場がしらけるので
言わない事が多いでしょう。

ではバイク屋がそれと同じでいいのでしょうか。
知ってるのに、明らかに違うと分かってても言わないのはその本分を見失ってると言えるでしょう。

私は話し方は決して高圧的では無く、相手を威嚇する様な話し方ではありません。
穏便な方だと思います。
でも、内容はきっちり言います。

そうしないといけないからです。


それと、お客さんは当たり前ですが専門的ではありません。例えば「リアサスをレイダウンしたい。
ショックマウントの位置を変えれば良いんだろ。」と思うでしょうが
そんな簡単なものではありません。ファッションでとらえないでください。
ショックを寝かせる意味をまず考えないといけませんし、マウント位置を変えるだけでなく
ショックのスプリングの変更やダンパーの機能が標準以上に求められるし車高が変わるので
それをどのように修正するかも考えないといけません、
一般的には思った以上の費用がかかります。
スタイルだけでやってしまうと、即 危険につながる事もあります。
レイダウンのみならず車高の上げ過ぎには気を付けましょう。

だったら出来ないとも言わないし、警告するだけが仕事じゃない
ちゃんと必要な部品や改造内容、費用を伝えます。
そうすると 高いとか専門的すぎるとか言われる事が多く、それで敷居が高いと評価されているのでしょう。

そこで親しみやすい方向に修正しようかどうしようか一時期迷ったのですが
結論として変えません。そのままで良いのです。
オートバイは危険をはらむ乗り物です。そこで妥協は許されない事はたくさんあるのです。

他のショップでもここ数年、安全性を最優先に仕事を受けるが、例えばオイルが漏れてたり
ブレーキがまともに作動しない様な
バイクの改造は受けないとはっきり明言しているショップも有ります。
そのバイク屋は固い事をいうとか、お客の要求を受けないと言われるでしょうが
それが正解です。

どうでしょう?親しみやすいとか話しやすいとか、来店しやすいといわれるのが良いとは思わない理由が
ここにあるのです。

私はあえて難しい事を言って、お客さんへの優位に立とうなど考えていません。
なので相談内容によって、伝えきれない場合は「任せてください」という言葉でくくる事もありますが
お客さんは一ライダーとして、自分の希望をかなえたい事があって当然です。
それにはちゃんとした方法、手段を使わないといけない場合が多く

お金無いから=じゃあ仕方ないのでこれくらいで止めときましょう
自分はこのデザイン、このメーカー、この形好きだからこれでいい=お客さんの希望を優先するのがうちのポリシーです。

などは最終的に「お客さんが選んだ事です。」と言うショップの責任回避になるのです。

余談です。余談じゃないな大事な話です。どうやったって、最終選択の責任は自分(ユーザー)にある事を知って下さい、
法律で定められています
平成7年に車検制度が改定されてユーザーの自己管理責任が明確化されています。当時車検の既成緩和により
それまで取り付けや改造が難しかった部品も規定がゆるくなり購入、取り付けしやすくなったのですが
その代り、その部品や改造の知識をしっかり身につけ、その管理の責任がユーザーに求められています。
車検証の裏側に
使用者は、日常点検整備や定期点検整備を確実に実施するとともに、使用状況に応じて適切に保守管理を行う必要があります。」と記載されています。
では何もかも全てがユーザーのしないといけない事?それには膨大な時間をかけて勉強が必要になります。
出来ない事は我々バイク屋が行うのです。分からない事は聞くべきです。もちろんその専門の所へです。
 仮に販売者が最初からだます目的で売った商品とかでない限り、買ったユーザーに責任があります。
バイク買いました。家への帰りに警察に捕まったとしても、バイク屋で買ったから知らない・・・は通用しないのです。
参考までに。

だから、売り手として簡単な方法は、部品を展示して売るだけ。
そうです、買った人が自分のバイクや車検、道路交通法に適していいると判断して買った事になるからです。
「えー、じゃあ世間の量販店はみんなそうなのか?」と思うかもしれませんが
ずいぶん前からそんな無責任な所は影をひそめていると思います。ひたすら安いのには注意してください!
量販店でもしっかり責任を持った販売をしているところもありますので
紹介しますよ。
販売店のみならず、商品にも厳密な商品説明が表記されていますね。

チェーンは 〇〇cc~〇〇ccまでとか。専用部品は指定のバイク以外には使わないでくださいとか
製造販売元にもPL法としてその責任があるので、非常に厳しい基準があります。
以前はなかった。

形式、サイズはあっているが強度が補償されいるか分からないものを買って、その破損で起きた事故は
部品の責任では無く、買った人の責任になる事もあるので十分気を付けてください。

例えばブレーキパッドにも車種と、使用用途がはっきり書かれています。
形が一緒で、安いから買った。
しかし使うと材質が低排気量、軽量用で重量車で使うとベーパーロックでブレーキがまともに効かなかった為事故した
場合など何の補償も無い事があります。しっかり注意してください。

余談になりました。

ですので、知ってる限りダメなものはダメ(不適合な)な商品と言わないといけないし、加工もそうです
逆に良い物を進めるのが仕事です。
分からない事もありますが、日々勉強して能力を身につけないといけません。

親しみやすく、話しやすい、打ち解けやすいバイク屋である必要は無い事に気が付いたのは
そう言うわけです。
いつも楽しい、いつも思い通りになる、いつもなんでも聞いてくれる、断られた事は無い
バイクを走らせるのはそれでは無理だと思いますよ。
私はこれからも温和で、寛大な人柄をアピールするつもりは有りません。
肝心な事をしっかりと、優先順位をしっかりと伝えて行く事を忘れません。
他の物作りにも共通した考えがあります。

タイトルの意味をどのようにとらえたでしょう?


                                        ジェイズ 宮繁
スポンサーサイト
  1. 2015/12/08(火) 06:14:21|
  2. 未分類

プロフィール

CB_FORCE

Author:CB_FORCE
広島県:ジェイズ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (69)
新製品 (18)
お知らせ (62)
質問事項 (1)
メッセージ (11)
試作品 (4)
何でもない (5)
ショップさん (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。