fc2ブログ

CB_FORCE

CB_FORCE

車両販売 No.2 CB1100F

細部の加工に手間と時間をかけた車体であります。
基本の車体設定は、18インチステムを使用しワイドハイグリップではフレーム負けるというのを全く
感じません。
1100Fは空冷CBでは最後発のモデルで、作りはツアラー傾向なっていますがやはり走行パワーは
シリーズ最強です。
数点ありますが、特筆は前後ホイール。これもお客さんリクエストで3本スポークのゴールドアルマイト仕様。
あいにくアルミ地肌の製品が無く、ホイール入荷後磨きやさんに依頼してピカピカにポリッシュ、
その後アルマイト加工しますが、そのまま薬液にどぶん!は出来ないんですよ。
ベアリング圧入部がアルマイト加工の際に、ごくわずか広がるので、厳重なマスキングをアルミで削り出して
それを固定するボルト類もアルミで製作するという手間のかかりよう。

それと、もう一点はぱっと見普通かもしれませんが油圧クラッチレリーズです。
元はワイヤー式は皆さんご存じですが、重い!
最近ジェイズではカワサキから乗り換え増車の方多く、ほぼ100%クラッチ重いの反応で
何とかせねばとこのスタイルを使っています。油圧マスターのピストン径とのマッチングで純正より明らかに
軽くなります。またつい最近のクラッチ板の見直しでさらに軽くなりそうです。
今後の課題ですが純正クラッチカバーのままでは油圧のレリーズの取り付けは出来ません。
角度を変える為に取り付け部をいったん切り落とし、角度を変えて取付の手間を無くすのが過大です。
エンジンなどガンコートです、100つやではなく、純正を意識しての7~8分つや等
意識しています。
ロングリアフェンダーは後ろから見た時カッコいいです。

CB1100F カスタム

20230610_161128.jpg
ペイントも純正の色を使い、ゴールドのピンライン入れてこれが良いまとまりです。

20230610_161141.jpg
油圧クラッチレリーズです。稼働部分は純正ですので高耐久性。現在強化スプリング入っていますので
クラッチ板の変更でスプリングを柔らかくしてさらに軽くなるはず。
油圧センサー見えますか。この位置が季節問わずヘッドへ供給の温度を計測する最もいいいちです。
ケース分解する時はここに付けています。

20230610_161145.jpg

20230610_161201.jpg
油温計は現在リプロパーツが出なくなっていますので、ヨシムラ製等に効果に予定

20230610_161808.jpg

■詳細
CB1100FD
●エンジン
 1162cc 0.50オーバーサイズピストン
 エンジンケース、シリンダーガンコート
 左右カバー 耐熱ブラック
  ジェイズスパークユニット
  油圧クラッチレリーズ ゲイルマスター使用
  マフラーヨシムラ USA
●サスペンション
 フォーク OH済み スプリング交換 
 リア オーリンズ OH予定
 18インチステム交換
 ジェイズ スイングアーム
 
●ブレーキ
 フロント ブレンボキャスティング4P サンスターφ320
 マスターシリンダー ニッシンラジアル φ19
 リア 小径ディスク SF用キャリパー
●フレーム パウダーコーティング
●前後ホイール
 PMCエボリューションベース F2.75-18
                   R4.50-18
前後ゴールドアルマイト加工
 タイヤ ダンロップ α14 新品予定
★加工予定
 エンジンシリンダベース、ヘッドガスケット スチールタイプに変更
 エンジン分解後 消耗品交換
★作業終了後 検査2年取得後納車
 納車先が遠方の場合は、車両運送費、県外登録費用をいただく場合もあります。
販売価格ASK
お電話、メール、実車確認どれも結構ですのでお問い合わせください。

担当 厚木店 宮繁

CB750FB Bold’olr2 販売車両はこちら



スポンサーサイト



  1. 2023/06/11(日) 18:53:40|
  2. 未分類

プロフィール

CB_FORCE

Author:CB_FORCE
広島県:ジェイズ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (75)
新製品 (20)
お知らせ (66)
質問事項 (1)
メッセージ (11)
試作品 (4)
何でもない (5)
ショップさん (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する