CB_FORCE

CB_FORCE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジェネレーター

ご無沙汰しています。

今日はまず、純正ジェネレーターカバーへ、永磁タイプのジェナレーターを取り付ける為のブラケットの紹介です。

純正は、定期的にジェネレーター関連で、ステーター、ローターのコイル不良。レギュレーターの不良が起きています。

私が自分用に買ったCB750FBも購入時に既にステーターがダメ。ステーター巻き返して走ると、ローターがダメ。

巻き替えて、回転上げると14.7V!!大丈夫と思ってたら 急ぎで走った時(急ぐからバイクなんだ!)
夕方ライトがだんだん暗くなって、ウインカーもつかない

バッテリー上がりでエンジン停止。目的地に行けず、先方にご迷惑かけたのです。

CBは、エンジンストップの原因に、バッテリー上がりが多い。

ガス欠でなく電池切れなのだ。それと純正の充電装置では押しがけは無理。

セルモーターを回す力は無いけど、点火の為の電池が残っていたらかかるけど、その内止まってしまう。

充電系の復習!!

jb3.jpg

これは純正ジェネレーターの内側で、ハーネスから矢印の様に、電気が流れると

ローターに巻かれているコイル(銅線)が磁気を帯びる「電磁石」になるのです。

その磁石が回転すると、周りのステーターコイルに電磁誘導の法則で 電気が発生するのです。

発生した電気は、レギュレーターで規定の電圧に調整されます。15V以下ですね。

バッテリーがあがったら・・・・分かりますね。ローターに電気が流れないので、磁石にならない・・・・
つまり発電しない。

押しがけも不可。という訳です。

多くのバイクには、この電磁石ではなく、永久磁石(フェライト磁石)がつかわれています。コストダウンの要因も大きいと思います。

今では大半がシンプルですが、トラブルの少ない(断線の無い)磁石が主流なわけです。


磁石タイプは前よりリクエストが多く、形状を何度も検討して出来ました。出来るだけ軽いのも重要かな。

750から1100までボルトオンで装着可。

純正形状派には良いと思います。

数日内には取り付けてまた、お知らせします。



jb1.jpg

なんか顔みたい



ここは広島。でも工業製品としては 震災の影響は大きく、3月から混乱を極めていました。

今でも、材料などの流通が以前の様には行かず、まだ納期に影響しています。

ジェイズが作業依頼をしている所は北関東に工場ががあり、大きな被害を受けています。

2カ月があっという間に過ぎましたが、まだまだ復旧の最中というのが正しいでしょう。

また樹脂関連は、全国一律入荷がままならず、納期に影響が出ていますね。


スタータークラッチは、製造数を従来の半分以下にしないといけなくなりました。2カ月置きくらいがやっとで

次の予定は7月になります。

工場としては分けて作るしか方法が無い状況です。でも頑張っていらっしゃいます。

けれど、遅れているのはその工場の責任だけではありません。

もっと頑張ります。






スポンサーサイト
  1. 2011/05/13(金) 11:17:46|
  2. お知らせ

プロフィール

CB_FORCE

Author:CB_FORCE
広島県:ジェイズ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (69)
新製品 (18)
お知らせ (62)
質問事項 (1)
メッセージ (11)
試作品 (4)
何でもない (5)
ショップさん (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。