FC2ブログ

CB_FORCE

CB_FORCE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

緊急です!外れないシリンダは送って下さい。

エンジン分解の時、簡単に外れないシリンダーは送って下さい!
CB-Fのエンジン分解の際、シリンダが固着して外れ無い事が多いのですが

かなりの衝撃を与えても外れない場合送って下さい。というか衝撃を与える前に部品を痛める前に送って下さい。
多くの場合外れます。

この様に表現すると「苦労したけど、俺外したよ。」とドヤ顔で言う人いても、それはシリンダーの固着がそれほどでもなかったという事です。

シリンダに固着はいくら叩いても、ネジゆるみや潤滑浸透スプレー吹いても、熱であぶっても、10トン超のプレス機でも

外れません!!果てはシリンダーを割ってしまうか、ケースを破壊するか、両方ダメにするか、プレス機で無理押しするとスリーブだけ抜ける。
わずかにあいたケースとシリンダーの隙間にマイナスドライバーを入れてこじると、シリンダー底面も、ケースもダメになります。

取れたは良いが、シリンダーが曲がっているとか、ヒビが入っているのに後から気がついたなど後のトラブルも出ています。

曲がりの修正は非常に困難、割れても溶接ではひずみも出るし、強度が心配。

「外れないから捨てた」と言うの良く聞きます。非常にもったいない!!どんどん部品が減ってます。


無理する前に送ってくださいね。時間がかかる作業ですが多くは外しますので、まずはご相談ですよ。

固着して外れない時  叩く前に電話 CBシリンダー抜けない場合の緊急電話

084-982―8680(ムリ(0)はシないで急な場合にハロー外れる)覚えるの簡単でしょ。

その際に関連してスタッドボルトを無理やり抜いて、ケース側のネジがダメになる事も多く、バーナーで焼いたら外れるとは誰に聞いたの?!

外れても、周辺のアルミの強度が極度に落ちます。

「ヘリサーとあるじゃん。」 それも無理。スタッドがスムースに抜けない限り、ヘリサーとの周りのアルミも柔らかくなっています。ヘリサートコイルが食いつく所が柔らかいからダメ!
強い締めつけトルクをかけることが出来ません。

ヘリサートの場合、後で緩んだという例が多々あります。ナットしめたのにオイル漏れが起こる、まししめしても、緩む。

その内スタッドが抜けるという事にになりやすいのです。


CBが直面している問題です。解決できる場合がほとんどなので相談下さい。

取り外しや、スタッドの取り付け部の修正には費用がかかりますが、とにかく捨てるよりはるかにマシ!!

スタッドボルトをネジ切ってしまった場合、どうしても抜けない場合、座面のネジ修正の緊急電話

084―982-8680(おーい早く箱に入れて発送するにゃはー、ろくでもないネジをやっつけるゼロ―)覚えやすいでしょ!



ほんと、シリンダーの固着とスタッドの対策は深刻です。

スポンサーサイト
  1. 2011/11/07(月) 13:09:50|
  2. 未分類

プロフィール

CB_FORCE

Author:CB_FORCE
広島県:ジェイズ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (69)
新製品 (18)
お知らせ (62)
質問事項 (1)
メッセージ (11)
試作品 (4)
何でもない (5)
ショップさん (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。