FC2ブログ

CB_FORCE

CB_FORCE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オーバーホール済みエンジン在庫にむけて

今日は新しい提案です。

今シーズンは常時 フルオーバーホール済みエンジンを数機在庫する予定で、今複数のエンジンを

分解して、測定、加工修理、塗装、組み立て作業をしています。


今までの方法だと、最低でも1カ月半から2カ月の納期を必用としていましたが、出来るだけ短時間での納品を

可能とするべく 対象はCB750F FB、FC両機種のエンジンとしています。

まだオーバーホール済みエンジンに必要な部品が供給されるので可能なのですが

他機種は、必用だが入手出来ないパーツもあるので、依頼を受けてから作業開始になります。

下は、エンジン始動の動画です。

前にエンジンをかけてから16日の日数が過ぎています。これを撮影する時、外気温は約0度。

それでも非常に短時間のクランキングで始動しました。
ついさっきかけて十分暖気してたんじゃない?と思う方はどうぞ思って下さい。




「もしかからなかったら?!」という、いささか緊張で動きがぎこちなく

かかったら始動直後なのに、安堵のあまりエンジンを回し過ぎちゃったりしてますが

まぎれも無く2週間以上放っておいたエンジンの始動です。


なぜこのような事を?

それは、年中通してエンジンのかかりが悪いという 電話、メールでの問い合わせが非常に多い事

来店のお客様でもまずはその話題です。

寒くなると途端にその数は増えます。あえて冬に始動シーンを撮影しました。

対策は エンジンオーバーホールです。

新車の時からのオーナーは非常に少なくなったと思いますが、新車購入時に冬でも何の問題も無く

エンジンは始動していたはずです。

30年も過ぎて、その好調さが維持できるはずはありません。

エンジン始動の時に、フル充電のバッテリーを1本は使いきってやっと「ボボボッ。」初爆と言うのも

良く聞きます。

ツーリング先で1泊するとかからないとか、今日走りに行きたいけど始動に時間を使ってしまうとか

走る前に気持ちが萎えてしまう事が多いのです。

対策はセルを1100のに換えるとかかりが良くなるだろうとか、アルミイグニッションコイルステーだとか

あんなの全然関係ない。


あらゆる添加剤を入れてみるとか、外から(エンジン分解せずにできる事)やっても決定的な効果は出ません。

キャブを変えると始動性は上がるという噂も有りますが、もしそうであっても、純正キャブで始動性が落ちている

事実は否定できませんよ。



問い合わせ、相談のたびに 正直「うーん!じれったい!!」と思うのです。

この先長く乗りたいというFオーナーもほとんど、

毎度毎度、セル程度のクランキングでオイル潤滑もままならないエンジンを回し続けるのは良い事ではありません。

エンジン内部に、たくさんの問題を抱えて走ってる事をもう一度素直に受け止めていただきたい!

始動に苦労する時間より、Fに乗って楽しむ時間をこれから先、ちょっとでも多く味わって欲しいのです。

これは明らかにエンジンの異音がわかる映像です。



エンジン分解中の画像です。


eoh2.jpg
eoh1.jpg
eoh3.jpg

エンジンの分解点検には、ミッションシャフト各部の計測寸法、ピストン径、シリンダボアサイズ

ミッションのバックラッシュに至るまで数値として残し、その後のメンテネンス、トラブルシューティングに役立てます。 

組み立てについては、再度組み立てるだけでなく、オリジナルオーバーサイズピストンを使ってのボーリング

はじめ必要なメーカー廃盤部品を多く作っています。

明らかに純正の弱点という箇所は、対策品を使い、その後の走行ではよりトラブルが

出にくい様にしています。




今、最も依頼の多い作業は、このエンジンオーバーホールと、フロントサスをエアサスをキャンセルしての適正化

電装、充電系の強化と言うセットです。快調に走ります。


すこし焦っている感じに聞こえるかもしれません。

聞いて欲しいのです。

オーナーから直接、あるいはショップさん経由で いろんな報告を受けます。エンジントラブルが多いのです。

簡単なトラブルならいいのですが

走行中のカムチェーン破断(テンショナのせいではありません、エンジン劣化が大きな原因)ミッションギアドグ

の破損、ギアロック

クランクメタルの焼きつき、限度摩耗、クラッチハウジングの破壊、ケースへの干渉、


ひどいのはプライマリーチェーンが切れた・・・。知らないだけで、頻繁に起こっています。


頻繁に起こるトラブルに対し「何かしなければ。」という私にできる事は、これくらいかもしれません。

楽しく乗る為には最低必要な条件があります。まさかこれには問題無いと思っているエンジンに問題が起こる前に

一度考えてみてもらえませんか?


楽しさと安全は両立できます。


このブログへのコメント欄は機能していませんので ご意見、ご質問、ご購入に関する事は お手数ですが、メールアドレス jscomp@arion.ocn.ne.jp までよろしくお願いします。



スポンサーサイト
  1. 2012/01/07(土) 23:40:55|
  2. 新製品

プロフィール

CB_FORCE

Author:CB_FORCE
広島県:ジェイズ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (69)
新製品 (18)
お知らせ (62)
質問事項 (1)
メッセージ (11)
試作品 (4)
何でもない (5)
ショップさん (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。