CB_FORCE

CB_FORCE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エンジン組立ての一こま

今車体と同時というのも有りますが、エンジン単体も含めて8機のエンジンをオーバーホールしています。

分解後の部品の管理、部品の発注など結構大変です。

分解方法ももちろんですが、各部品の計測はとても大切です。目視でわからないところもあるし

純正マニュアルでは判断出来ないところもたくさんあります。

純正マニュアル通りの組み立てでは専門ショップらしくないので計測している所をちょっと・・・・。


クランクシャフトはスムースに回転します。

最近ケースに内径を判断する打刻が読めない物も多く、既に塗装してあると専用工具で計測しかありません。

ケース内径を測り、クランクメインジャーナルを測り、ケース仮組してプラスチゲージで隙間を測定。

これ基本です。

クランクケースの軸受部は真っすぐで、内径は真円と思ってませんか? 間違いです。



ケースのベアリング部内径を測定し、規定トルクを基準に真円に近い数値を探します。

クランクは抵抗無くスムースに回らないといけません。しかしそのスムースさの違いは

厳密な測定に始まり、締めつけトルクを決めればスムースさが全然違います。

ボルトも重要ですよ。

高いトルクをかけるボルトは複数回使うと伸びが変わるのです。締めつけトルクが当てにならなくなります。


ピストン、カムチェーンを組む立てると、クランクを回せるのは工具を使ってしか無理ですので

本当に抵抗無く回ってるか確認できません。



ちなみに本番使用するメタルではこのように回すと、潤滑不足でメタル表面が傷むのでやらないでくださいね。

ジェイズでは、測定、テスト用のメタルを用意して使ってますので、エンジンに組み込むのはもちろん新品メタル。

新品も厚みの計測を忘れない様にしています。メーカー品も人がやってるので必ず数値が一致するとは限りません。

組み立てる前に確認しないで、メーカーの責任にしている輩よりいいでしょ。




この前のオーバーホールのお勧めで数件の仕事を頂き、たくさんの相談を頂いています。ありがとうございます!

やっぱり不安を抱えているオーナーはたくさんいますね。

ただ組んでるだけじゃないのをわかっていただきたく動画でアップしました。

動画では締めた本数と既に締めているのとはトルクが微妙に違っています。締めつけ順序でちょっと間違ったシーンあり?!

春はすぐ来ます。なるべく早く仕上げたいと思いますが、気の遠くなるエンジンの数です。

しっかりと確実にしますね。



このブログへのコメント欄は機能していませんので ご意見、ご質問、ご購入に関する事は お手数ですが、メールアドレス jscomp@arion.ocn.ne.jp までよろしくお願いします。






スポンサーサイト
  1. 2012/01/21(土) 19:20:52|
  2. 未分類

プロフィール

CB_FORCE

Author:CB_FORCE
広島県:ジェイズ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (69)
新製品 (18)
お知らせ (62)
質問事項 (1)
メッセージ (11)
試作品 (4)
何でもない (5)
ショップさん (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。